【オンラインシンポジウム】ホウ素中性子捕捉療法の獣医学分野への適応拡大に向けて -取り組むべき課題と異分野融合研究の可能性-

エデュワードプレスオフィシャルサイト wrote
日時

<講演・ポスター発表閲覧期間>

2021年2月15日(月)10:00 ~ 2021年4月4日(日)17:00まで

<オンラインシンポジウム>

2020年3月4日(木)09:50~17:00

テーマ

本シンポジウムでは、病院に併設可能な小型加速器BNCT照射システムを用いた伴侶動物に対するBNCTの適応について、 諸課題と併せヒトの放射線腫瘍学と獣医学分野における双方向性の学術的な異分野融合研究の可能性を議論いたします。

セミナー内容

09:50-10:00
開会挨拶

 

10:00-10:10
ホウ素中性子捕捉療法について
鈴木実 (京都大学 複合原子力科学研究所 教授)

 

10:10-10:35
サイクロトロン加速器を用いた中性子源の現状について
田中浩基 (京都大学 複合原子力科学研究所 准教授)

 

10:35-11:00
BNCTにおける18F-FBPA PETの重要性
礒橋佳也子 (大阪医科大学 関西BNCT共同医療センター 講師)

 

11:00-11:25
明細胞肉腫に対するBNCT適応に向けてのトランスレーショナル・リサーチ
藤本卓也(兵庫県立がんセンター 整形外科 部長)

 

11:25-13:00
昼食休憩

 

13:00-13:50
Translational and clinical-veterinary studies of Boron Neutron Capture Therapy for Head and Neck cancer
Dr. Mandy Schwint (National Atomic Energy Commission, Arg)

 

13:50-14:15
山口大学動物医療センターにおける放射線治療
中市統三 (山口大学 共同獣医学部 教授)

 

14:15-14:40
小動物におけるPET診療の現状
夏堀雅宏 (北里大学 獣医学部 教授)

 

14:40-14:50
休憩

 

14:50-15:15
人と動物のがん克服を目指す比較腫瘍学の過去、現在、未来
丸尾幸嗣(丸尾幸嗣 動物がん研究室 代表)

 

15:15-15:40
岐阜大学における医学と獣医学の橋渡し研究
松尾政之(岐阜大学大学院 医学系研究科 教授)

 

15:40-16:05
北海道大学における先端獣医療の現状と医獣連携への取組み
滝口満喜(北海道大学大学院 獣医学研究院 教授)

 

16:05-16:55
討論 及び 総括

 

16:55-17:00
閉会挨拶

お申込み方法

お申込み、お問い合わせは下記ページよりお願いいたします。

https://vetbnct.rri.kyoto-u.ac.jp/symposium/