IMAGING QUEST 2DAYS SEMINAR 犬と猫の心エコー ADVANCE ハンズオンセミナー~高リスクを見逃さない!~(2020年8月23日(日)・8月30日(日)開催)

エデュワードプレスオフィシャルサイト wrote

アメリカ獣医内科学会治療ガイドライン改定により、犬の僧帽弁閉鎖不全症の重症度評価、特にStageB2の診断やその治療のあり方が大きく変化しました。無徴候でもピモベンダンの投薬により健康寿命が延長することが明らかになったため、心エコー検査により心拡大の評価を正確に行うことが求められます。
エビデンスに基づいた診療を行うために、本セミナーでは心エコーを用いてStageB2を正確に診断し、治療へと繋げていけるようになることを目標としています。また、猫の心筋症は、”発症してからでは遅い”と言え、画像診断は必須です。そのため猫の心エコーは難易度の高い検査ですが、診断や評価のポイントを理解することで、日常の診察におけるリスクを減らし、状態をより詳細に把握できることを目標としています。

日時

2020年8月23日(日)・8月30日(日)
2日間とも10:30~17:00(受付開始10:00)
※2日間の受講が必要です。

開催場所

麻布大学 獣医臨床センター 5F
(神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71)
当日は、東門側の階段から2階へお上がりください。
※JR横浜線 矢部駅から徒歩4分

プレゼンター

青木 卓磨(麻布大学)
新実 誠矢(麻布大学)
鈴木 亮平(日本獣医生命科学大学)

●青木 卓磨
麻布大学 小動物外科学研究室
准教授 博士
犬と猫の高齢化に伴い、心臓病を患う症例に遭遇する機会が増えてきました。一方で、最近では多くの動物病院に心エコー装置など高度な画像診断装置が普及しており、様々な病気を早期に診断することが可能となりました。さらに最近の研究では、早期の治療介入が動物の健康寿命を延ばすことも分かってきました。つまり、無徴候であっても、画像診断により病態を正確に把握することで、ご家族に動物たちと健康で豊かな時間を過ごして頂ける時間を延ばしてあげることが出来るともいえます。本セミナーは、心臓の形態的な評価や心臓サイズの測定方法を学ぶことで、日々の診療レベルの向上に加え、獣医師が遭遇する様々なリスクを低下させることを目的としています。

●新実 誠矢
麻布大学附属動物病院
循環器科
心エコーは比較的難易度の高い検査ではあると思いますが、心臓の状態を正しく評価することができれば、動物にベストな治療を提供できる強力な検査ツールとなります。「心エコーに自信がない!」と感じている先生にとっても、本実習で学んだことが明日からの検査、治療の一助となれば幸いです。これまで私自身が多くの先生方から指導していただいたコツや自分なりに工夫してきたポイントを実習の中でお伝えできればと思っています。

●鈴木 亮平
日本獣医生命科学大学
獣医内科学研究室
心エコー検査は犬と猫の心疾患の診断、病態および重症度評価に欠かせない検査です。しか
しながら、心エコー検査は、エコー画像の描出と評価において、各々技術および経験、そしてときに“コツ”のようなものが必要な検査です。
本セミナーでは、豊富な実習時間を設け、講義形式では体得することのできない、犬と猫に対する心エコー検査の“コツ”をお伝えできればと思います。また臨床現場で遭遇するようなより実践的な状況を想定した心エコー手技や評価も紹介し、ハンズオンセミナーいたします。心エコー検査のアドバンスな知識および技術を得たい先生にとって、明日からの臨床現場で役立つものとなれば幸いです。

セミナー内容

■特徴
超音波ドブラ装置を6台、1グループ3名編成の少人数制!
エキスパートの講師陣が、2グループに1名ずつレクチャー!
実習時間は2日間で約9時間!
猫の心エコースクリーニング検査もマスター!

■対象
高リスクを見逃さない診断をしたい方
僧帽弁閉鎖不全症の重症度を正確に分類できるようになりたい方
ピモベンダン開始のタイミングを正確に判断できるようになりたい方
猫の心エコースクリーニングでお困りの方
猫の心筋症を診断できるようになりたい方

■プログラム
2日間とも10:30~17:00(講義1時間 実習4.5時間)休憩1時間

<1日目>
座学: 犬と猫の診療に活きる心エコー図検査①(1hr)
実習: 断層心エコー図で“見る”
・犬:弁膜の評価(1.5hr)
・犬:左房と左室の評価(1.5hr)
・猫:心筋、僧帽弁装置と左房径の評価(1.5hr)

<2日目>
座学: 犬と猫の診療に活きる心エコー図検査②(1hr)
実習: ドプラ法で“見る”(1日目の復習と反復、ドプラ法)
・犬:Bモードの復習(1.5hr)
・犬:ドプラ法を用いた評価(1.5hr)
・猫:ドプラ法を用いた血流評価(1.5hr)

定員

18名

参加費用

95,000円(税抜)※当日は昼食をご用意しています。

お申込み方法

お申込み・詳細はこちらをご確認ください